2012年10月31日

三菱新型アウトランダー フルモデルチェンジ。プラグインハイブリッド車来春発売

三菱自動車はSUV「アウトランダー」をフルモデルチェンジしました。

新型アウトランダーはSUVの新たな次元として、先進の安全装備、4WDシステムなどによる安全性能や、低燃費か技術、軽量化等による環境性能がアップ。
また、内外装もグレードアップされました。

2.4リッター車は前のモデルから約22%の燃費が向上。アイドリングストップ機能、エンジンやエアコンの省エネコントロールを行う「ECOモードスイッチ」などを装備してその数値を達成させました。
前のモデルと比べJC08モードで14.4qを実現しました。

気になるハイブリッドカーは「アウトランダーPHEV」というモデルで来年初頭にも発売するとのことです。
SUVでのハイブリッドカーはとても楽しみです。
やはりアウトドアをする人達には指示されているSUVが電源のない海や山などでAC電源機能を発揮できるとあっては大きな魅力になる訳ですから。

DC電源用の製品は余り種類も豊富ではなく、しかもAC電源の製品と比べ、やや高価ですからね。
バラエティに富み、製品が豊富に揃っているということは、選択肢が拡がり、さらに便利なグッズが揃えられるとあって、楽しみになりますね。


 
posted by GOLLA at 10:09| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

トヨタ、プリウスAC100V電源オプション車を追加

 トヨタ自動車は、家庭での停電時などに車から家庭用100V電源をとれるようにするオプションを開発しました。その設備を「プリウス」「プリウスPHV」に設定しオプションとして発売が決定しました。

プリウスには、フロントコンソールトレイ内とラゲッジスペースに、AC100V電源を1500Wまで使用可能なアクセサリーコンセントをオプション設定。これにより停電時などもプリウスから電力を供給できるようにするものです。
車の状態が、フル充電、満タンであれば、1台で一般家庭の約4日分の電気が賄えるそうです。

また、プリウスPHVも停電時にプリウスから電力を供給できるアクセサリーコンセントとラゲッジスペースに、充電ポートに差し込んでドアや窓を閉じた状態でも車外への電源供給を可能とするヴィークルパワーコネクターとセットでのオプション設定を追加しました。

気になるオプション費用はプリウスで63,000円、プリウスPHVは94,500円となっています。(いずれも税込みです。)

このオプションは災害時の停電では大活躍してくれそうですね。昨年の東日本大震災で、この様なシステムがあれば、災害の規模にもよりますが、3-4日間の間に電力が復旧する可能性があるので、とても貴重なシステムです。また、既発売の対象となるプリウスにも装着できるのは助かりますね。

また、これに合わせて、プリウスPHVと「プリウスα」に特別仕様車を設定しました。
特別仕様車「S“マイコーデ”」「S“ツーリングセレクション・マイコーデ”」は、Sグレードをベースに、、シートカラー・インテリア加飾・外板色・エクステリア加飾を自由に選択するセミオーダーシステムを採用し、スーパーUVカットガラス(フロントドア)、クローム調加飾を施したホイール、サイドガーニッシュを特別装備しました。

発売はプリウス、プリウスαが22日、プリウスPHVが11月1日の予定です。


 
posted by GOLLA at 10:35| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

エコカー補助金終了後の動向は?

昨年12月20日以降登録・届け出された新車から受け付けを開始したエコカー補助金は、この9月で政府予算枠を使い果たしたため、終了しました。
それではエコカー補助金が終了した現在、今後の動向はどうなるのでしょうか?。
とても気になるところですね。新車を購入するのは暫く待った方がよいのか、それとも...。
このページではそんな今後の動きについて述べてみたいと思います。

昨年12月から受付をスタートしたエコカー補助金は、実は2回目になります。前回1回目の時のように話題が集中して予想を上回る駆け込み需要が殺到し、終了時は混乱を招いたほどです。
でも今回はそのようなこともなく静かに終了しました。1回目は”エコカー補助金”という今までにはなかった特別なボーナスのようなものにユーザーは殺到したわけです。話題の新製品も最初は入荷待ちの状態が続きますが、時間の経過とともに落ち着いてくるのと同じ現象ですね。

需要のパイ(売上高)はある程度決まっているので、要は先に売れるか、後から売れるかというようなものです。したがって今回はさほど需要の先取りはなかったので、売れ行きが大きく落ち込むということはないようです。

今回のエコカー補助金終了に合わせ、メーカーも燃費の良い第3のエコカーやハイブリッド車を始め、新車を既に投入しています。
今回のエコカー補助金は前回のような大きな反動は余りないにせよ、少なからず影響は必至です。
ですので毎月のランニングコストが押さえられるエコカーのラインアップを増やすことで、各メーカーはユーザーの買い替え需要を喚起するようこの終了時期を見越し、魅力的なニューカーを発売しています。
現にそのようなクルマは販売実績ベスト10にランクインして売れているのも事実です。

新エコカー減税は27年度末まであるので、焦って購入する必要は無いと思いますが、無料で見積もり等を取られ、今お乗りのクルマと比較し、「買い時はいつなのか?」を検討してみる価値はありそうですね。

新エコカー減税を詳しく知るにはこちら


posted by GOLLA at 16:58| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。