2012年11月30日

2012-2013日本カーオブザイヤー決定 マツダCX-5

注目の2012-2013日本カーオブザイヤーはマツダCX-5に決定しました。

11月29日に開催された最終選考会では、自動車評論家を始め、60名の選考委員による
投票があり、MAZDA「CX-5」が最高得点を獲得し、見事栄冠を手に入れました。

マツダ車の受賞は、2005年「ロードスター」以来7年振り4回目の受賞となりました。
今回で33回目となる選考では、接戦となり、1位マツダ「CX-5」が363票、2位トヨタ「86」/スバル「BRZ」が318票とその差45票でイヤーカーが決定しました。


■受賞の理由
見た目でもアピールするスタイリッシュなデザインに、5ドア5人乗りのクロスオーバーという実用的なボディでありながら、クルマを操る喜びを味わえること。ディーゼルの長所であるトルク感や高効率はそのままに、短所である騒音・振動を抑えた革新的なエンジンを生み出したSKYACTIVテクノロジーの素晴らしさ。この日本でSKYACTIV-Dが絶大な支持を獲得して新しいディーゼル時代の突破口となった点を高く評価。

確かに欧米では普及が拡大しているディーゼル車と比べ、日本では今までのイメージからなかなか普及が伸び悩んでいますが、このCX-5の登場でそのイメージも覆しそうです。
とにかく今までのディーゼルエンジン特有の振動と、黒い排気ガスのイメージから脱却させた功績は大きいものがあります。

それと、エンジン車に引けを取らないその上質な走りです。実用性を兼ねつつ、走りの快適さを追求した点は評価されたところです。

さらに、洗練されたスタイリングも魅力です。同社の新デザインテーマ「魂動」(こどう)を全面的に採用した流れるようなフォルムは欧米車を感じさせる雰囲気です。

また、今年2月の発売以来、月間販売計画1,000台の3年分を超える37,000台を受注したとのことです。好調な売れ行きがわかりますね。


以下得票ごとのベストカーのベスト10です。(得票順)
1位  マツダ『CX-5』:363票
2位  トヨタ『86』/スバル『BRZ』:318票
3位  BMW『3シリーズ』(セダン/ツーリング):282票
4位  レンジローバー『イヴォーク』:218票
5位  フォルクスワーゲン『up!』:152票
6位  スズキ『ワゴンR』/『ワゴンRスティングレー』:68票
7位  シトロエン『DS5』:51票
8位  アルファロメオ『ジュリエッタ』:29票
9位  日産『ノート』:10票
10位 ホンダ『N BOX』/『N BOX+』:9票


posted by GOLLA at 10:46| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

日産EVカー、新型リーフ発表!

日産自動車は、11月20日に電気自動車(EV)「リーフ」のマイナーチェンジを発表しました。
発売日は平成24年11月20日(火)

日産リーフは2010年12月の発売以来、これまでに累計で4万3000台以上を販売しており、このうち半数近くの1万9000台を日本市場で販売。世界市場、国内市場ともにもっとも売れているEVになっているとのことです。

ただ、PHVカーやHVカーに比べるとまだまだその普及台数は開きがあり、遅れているのが現状です。
弱点である販売価格と、フル充電で走れる航続距離の問題がその主な要因です。

発売してから2年、この時期にマイナーチェンジをした背景は、その「航続距離が短い」「販売価格が高い」という二つの懸念材料を払拭したい狙いがあるようです。

価格面ではカーナビなどを付けない廉価モデルを設定し、Sモデルで3,349,500円という価格を実現。補助金を利用すればなんと2,570,000円と一気に求めやすくなりました。
従来モデルより414,750円、約11%のお買い得となっています。

また、航続距離も改善し、従来モデルの200qから14%長い228qを実現。
心臓部(エンジン)となる主要電源部のリチウムイオン電池の性能はそのままに、モーターなど主要部品を改良。またボディ関係も30キロ減量し、合計で車体を80キロのダイエットすることに成功しました。
この改良にともない、バッテリー合理化でトランクルームの容量も従来の330Lから370Lへと約12%拡大することが出来ています。

なお、今までのユーザーからの日産リーフの評価として以下の5点が大きく上げられているそうです。
◇持続可能なモビリティ社会実現に向けた取り組みとして、排気ガスを出さないゼロエミッションカーに乗る社会貢献価値がある
◇自宅で充電できて、ガソリンスタンドまで行かずに済むことが便利
◇発進から高速巡航まで圧倒的に静かで運転中に快適
◇ガソリン車と比較して燃料費やメンテナンスコストで大幅に経済的
◇胸のすくような加速感、軽快なハンドリングなどでわくわくするような運転が楽しめる

このように二つの弱点を改良し、求めやすく、乗りやすくなったリーフ。
今後の売れ行きにもプラスになり、EVカーの牽引役として普及して欲しいですね。
posted by GOLLA at 11:58| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

マルコメ味噌 生しょうゆ糀 モニター参加

食べ物の味が引き立つ糀菌
今、糀が一大ブームです!。
店頭にでは今まで売場の隅っこにひっそりと並べてあった糀。
今では店頭の目立つスペースでPRしていますね。
ほんと、食べ物のうまみが糀菌で培養されるって感じです。

以下はマルコメ味噌から発売された生しょうゆ糀の商品PRコメントです。

こうじ菌の作る酵素の力でできたやさしい味の調味料です。国産米を使用した糀と丸大豆使用の吟醸醤油からできています。醤油の代わりにご使用いただくことで、上品な旨味と甘味が料理をワンランク上の美味しさに仕上げます。
『プラス糀 生しょうゆ糀』
モニターに参加してみました。
興味ある方はこちらから
【応募するだけ・『プラス糀 生しょうゆ糀』モニター200名様大募集!】
posted by GOLLA at 12:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。