2012年05月24日

マツダ、フィアットと提携

マツダは23日、イタリアの大手自動車メーカーフィアットと次期『ロードスター』(海外名:マツダ『MX-5』)ベースのオープン2シータースポーツカーの開発・生産に向けた協議を開始すると発表しました。

マツダとフィアットは今後、マツダブランドとアルファロメオブランドで明確に差別化されたFRライトウェイトオープン2シータースポーツカーの開発を進めていく。両社の車種にはそれぞれのブランドごとに独自のエンジンを搭載する予定とのことです。

フィアットといえばアルファロメオですが、日本にもそのファンは多く、私もその一人です。
独特のセンスを放つイタリアンデザインの中でも、イタリアの歴史と先進性の両方を併せ持ったクルマといえます。

一時オーナーになるチャンスがありましたが、あきらめてドイツメーカーOPELベクトラに乗ることになりました。

OPELもそのエンジンパワーはとても魅力で、このボディにこんなチカラが潜んでいるとは思えないくらい余裕ある走りを見せてくれました。

本題に戻りますが、フィアット社はマツダの持つスカイアクティブエンジンのを高く評価し、ロードスター(MX-5)の発売をするそうです。

スカイアクティブは同じマツダのデミオなどにも搭載しているエンジンですが、ハイブリッドカーを発売しない変わりに、「第3のエンジン」で燃費、環境性能を高めたクルマを発売しています。

これからもそのエンジン性能に磨きをかけて、いろんな車種に発売されてくるんでしょうね。

posted by GOLLA at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: