2012年08月28日

EVカー充電方式紹介

CARテクノロジーWATCHに気になるニュースが会ったので紹介します。

EVやプラグインハイブリッド車への充電方法がにわかに注目を浴びているとのことです。

以下こちら
今、電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド(PHV)への充電方法に注目が集まっている。

 これまで、EVなどへの充電の方法では、日本が提唱した「CHAdeMO(チャデモ)」方式が、普及という面で先行していた。しかし、最近になって突然、独フォルクスワーゲンをはじめ米GMなどの欧米メーカーが、「コンボ」方式と呼ばれる新しい方式を採用するとアナウンスしたのだ。

 これにCHAdeMO陣営は驚いた。もちろん、我々、メディアも同じだ。そのため、日本と欧米、どちらの提唱する方式が世界標準となるのか? はたまた地域ごとに、2種類の方式を使い分けることになるのか? それとも、また別の方式になるのか? その着地点を巡って、さまざまな予想や思惑が渦巻いているのだ。

 ここでは、その先行きを占うのではなく、まずは前提の話となるCHAdeMOを説明したいと思う。日本が普及を進めるCHAdeMO方式の内容だ。

 CHAdeMOという名称は、CHAdeMO協議会が標準規格として提案する急速充電器の商標名であり、「CHArge de MOve=動く、進むためのチャージ」や「クルマの充電中にお茶でもいかがですか」の意味を含むという。CHAdeMO協議会は日産をはじめとする日系メーカーを中心とした団体で、CHAdeMO方式の普及を目的としている。


リーフの充電ポート。急速充電コネクタ(左)と普通充電コネクタが見える
■「普通充電」と「急速充電」を別々のコネクターで実施
 まず、充電の基本の話からすると、電気自動車(EV)などへの充電には、「普通充電」と「急速充電」の2つがある。「普通充電」は家庭のコンセントなどのような比較的低い電圧/電流(100〜200V/15A程度)を使い、時間をかけてゆっくりと充電を行う方法だ。家庭用のコンセントを使うように、電気は交流(AC)で供給される。

 しかし、「普通充電」よりも早く充電したい! というときに使うのが「急速充電」だ。こちらは、一気にEVに電力を供給するために「普通充電」よりもはるかに高い電圧/電流を流し込む。CHAdeMOの場合で、最大500V/100Aという電力が用いられる。そして、こちらは直流(DC)で行われている。

 日本の進めるCHAdeMO方式では、この2つの充電方式に対して、それぞれ別の充電コネクターを設定した。それに対して、欧米メーカーが提唱する「コンボ方式」では、この「普通充電」と「急速充電」を、1つのコネクターでまかなうという。


以上CARテクノロジーWATCH記事より抜粋しました。

これに対して欧米が提唱する「コンボ方式」の概要が明るみになるにつれ、その比較がなされると思いますが、過去にも家電製品など、様々な統一規格競争が国の威信を賭けてあった歴史を振り返れば、一歩先を行く日本方式に先を越され、世界標準になることを恐れた欧米陣営の巻き返しが、手にとって見えてきます。
結局はユーザーファーストではなく、国家間の利害にまで発展していく規格戦争です。
そのユーザーを度外視した長期間の論争が、決着が付くまでの損失を埋めることなく、流れていく気配がしてなりませんね。

一個人としてはいち早く統一された充電方式で安心したクルマが購入できることを願うばかりです。


posted by GOLLA at 10:51| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。