2013年01月25日

自動車取得税2015年10月廃止へ 13年度税制改正大綱決まる

自民・公明の両党は2013年度税制改正大綱を決め、自動車関連では自動車減税を盛り込みました。

これは2014年4月からの消費税引き上げを控え、自動車の二重課税に対する反発に配慮した結果となりました。
消費増税は、2014年4月に7%、2015年10月に10%と段階的に上がり、その負担が大きくなるため、自動車を購入した時の税負担がさらに増え、消費者の自動車離れが加速する懸念があります。
このため、自動車業界から反発のある二重課税を緩和するため、自動車取得税を2014年に減税、2015年には廃止するという決定をしました。

もう一つの自動車重量税は従来のエコカー減税で対応。2014年4月からの消費税引き上げに合わせ、減税率が決定されるようです。

具体的にはどうなるのでしょうか?
仮に180万円のクルマを購入した場合・・・

◆購入費用は   現行    2014年4月〜   2015年10月〜
車両価格   1,800,000円
消費税      90,000円 +36,000円のアップ  +90,000のアップ 
自動車取得税   81,000円   減税(金額?)  廃止-81,000円
自動車重量税   36,900円   軽減       軽減
自動車税     39,500円 

合 計    2,047,400円  2,083,400円以下に 2,056,400円以下に 
【日本自動車工業会資料を参照】

自動車業界は自動車取得税の廃止は決定されましたが、重量税に関しては先送りされ、どちらも廃止の要望を上げていただけに残念な結果となったようです。
日本のクルマに対する税率は、主要先進国と比較してもかなりの高額となっています。
購入時はもちろん、車検時まで適用される重量税の負担はユーザーにとって大きなものとなっています。

また、ハイブリッドカーなどは既にエコカー減税が実施されており、自動車取得税や自動車重量税は100%減税で、実質消費増税分がそのまま上乗せされ、これも負担増となります。
エコカーにとっては、その減税の拡充される可能性は低く、消費税引き上げ前の購入にメリットがあるようです。
ということから2014年は4月までの駆け込み需要がかなり発生しそうですね。

楽天会員なら要チェック!

中古車:楽天オート
愛車を最高額で買取してもらうには?
1.車両の種類をお選びください。
国産輸入
2.お住まいの郵便番号を入力してください。
-
3.車両の排気量を入力してください。
cc
4.楽天会員・非会員をお選びください。
楽天会員楽天非会員楽天会員特典
posted by GOLLA at 11:19| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。