2012年07月04日

補助金込みで60万円以下の1人乗り超小型EV「コムス」 発売!

トヨタ車体は7月2日、1人乗り超小型EV(電気自動車)のエコカー「コムス」を発売。発表会を東京 お台場のメガウェブで開催しました。

 コムスの名称は、そのコンセプトである「ちょっとお出かけ街までスイスイ(Chotto Odekake Machimade Suisui)」から名付けられており、1人乗りのEVとして初代コムスは2000年に発売。今回発売されたコムスは2代目となります。

道路交通法上最高速度は60km/hとなっています。ヘルメットは不要で、二段階右折も必要ないので通常の乗用車と同じで運転がしやすいですね。運転には普通免許が必要ですが、AT限定免許であればよいそうです。

車体価格ですが、コムスで最も安価なものはB-COM ベーシックの66万8000円となっています。
また、クリーンエネルギー補助対象車両となり、補助金7万円の適用が可能ですので、これは嬉しいですね。これを適用すると7万円減額の59万8000円となり、60万円以下で買えるクルマということで、どこかの国並みにリーズナブルで買えそうです。

さらにフル充電での電気代は、23円/kWとして約120円。1km走行するのに約2.4円です。
ランニングコストも安いですね。
また、その区分から重量税、取得税もかからず、任意保険も自動車保険にすでに入っているならファミリーバイク特約でカバーでき、車検も車庫証明も不要となっているので、初期費用、ランニングコストもエコですね。

既に大手コンビニが配達サービス用車両として採用を決めており、そのうちあなたの街でも見かけることがあるとおもいますよ。

「ちょっとそこまで」雨の日など,バイクの替わりに欲しい一台ですね。
posted by GOLLA at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

エコカーの福祉車両

エコカーにも福祉車両があるのはご存じですか?。

電気自動車「日産リーフ」にライフケアビークル(LV・福祉車両)があるのです。

電気自動車「日産リーフ」をベースに、福祉車両「ライフケアビークル」シリーズです。
 
この車両の特徴は「アンシャンテ・助手席回転シート」と「ドライビングヘルパー・オーテックドライブギアタイプe」。
アンシャンテ・助手席回転シートでは、簡単な手動操作で助手席を車両外側に回転させることで、乗降時の負担を軽減。今回、助手席回転シートは新開発ユニットとし、標準車と同様のシートの見栄えと乗り心地を実現しました。
ラゲッジスペースに収納した車いすを固定するための固定用ゴムネットや、車いすの出し入れ時のバンパー傷付き防止と車いす固定を兼ねたリヤバンパープロテクターをオプション設定するようになっています。

 一方、ドライビングヘルパー・オーテックドライブギアタイプeは、電子制御方式のアクセルを採用した手動運転装置により、両足が不自由な人が両手だけでも運転できるモデル。
手元のコントロールグリップで行うアクセル操作は、軽い力でかつ滑らかに行え、パームレストに手を置いたままアクセル操作ができるため、上体が安定し、長時間運転する際の体の負担も軽減することができます。
アクセル・ブレーキは左手で操作するため、右手だけでステアリング操作するためのステアリングノブや、車いすから運転席への移乗する際のボディ傷付きを防止するサイドシルガード、車いすに座ったままでもバックドアが閉められるバックドアストラップを標準装備しています。

このように障害を持つ方にもエコカーが気軽に運転できるのはそのニーズに応えているメーカーの姿勢を感じます。
採算性など,課題はあるかと思いますが、各メーカーともそのような需要に応えるべく、今後もよりよいライフケアビール(LV車)の開発に力を注いでもらいたいですね。
posted by GOLLA at 10:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

エコカー補助金8月で終了?!

乗用車向けエコカー補助金が早くも8月で打ち切られる見通しだそうです。
ハイブリッド車や第3のエコカー人気で予算消化が予定より早まり、8月で予算がなくなりそうだとのことです。

昨年12月20日〜来年1月末までに購入登録した新車が対象で、申請の締め切りを来年2月28日としていますが、予算約3千億円を使い切ってしまうことになったようです。
予算は後約1300億円残っていますが、最近の申請額ペースは1週間で約100億円ペースになっており、このまま続くと8月で予算が使い切ってしまうとのことです。

燃費性能の高い自動車の購入者に交付されるエコカー補助金ですが、ハイブリッド車(HV)などの人気の高まりで、当初想定の9月から1カ月前倒しになる。補助金の適用には新車登録・届け出が必要。ボーナス商戦を控え販売合戦が激化するなか、納車に数カ月かかる人気車は今注文しても申請が間に合わない公算が大きようです。

このご時世にあってエコカー補助金は新車購入ユーザーにとっては購入費用の負担が減るので大きな魅力です。
その魅力と相まって、高燃費、低価格のエコカーが後押ししたカタチで爆発的に売れています。
トヨタプリウス、トヨタアクア、ダイハツミラなどがその人気を支えています。

この人気に国は補正予算を使って投入資金の拡大をするのでしょうか?。
せっかく購入しても申請ができない事態にユーザーから不満の声が出そうですね。
posted by GOLLA at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。