2013年03月28日

テラモーターズ フィリピン政府による3輪タクシー電動化プロジェクトへ入札

フィリピン政府は排気ガスが及ぼす公害などで社会問題となっている三輪タクシーを、2016年までに10万台EV車に置き換える発表をしています。

それにともない、日本のベンチャー企業テラモーターズは27日、フィリピンを含めたアジアなど新興国向けに開発した電動3輪タクシーのプロトタイプを公開しました。
これはフィリピン政府による3輪タクシー電動化プロジェクトの入札に呼応するカタチとなっています。

フィリピンでは年間30万台くらいの3輪車が使われており、大気汚染や、ガソリン価格の高騰などでEV化の動きは以前からあっています。
今までのEVカーのほとんどは中国製で、故障が多く信頼性に欠け、アフターサービスの面(部品の供給など)でも問題となっており、日本のメーカーが参入する余地は充分にあるということです。

今回発表したプロトタイプはフィリピン仕様ですが、デザインを変えれば他のアジア諸国にも販売が見込め、日本の大手メーカーが進出していない分野を積極的にやっていくものです。

これで6人乗りは少々きつそうですが、右側乗降口に2人、反対側に3人と横向きのシートに掛けられるようになっています。

こんな3輪車、日本にも欲しいですね。
そんな、思いませんか?

以下基本性能です。
[仕様]
・6人乗り
・48V60A リチウム電池搭載
・7kwモーター搭載
・実用登坂力:12度
・走行距離:50q
・最高速度:50q
・充電時間:2時間


posted by GOLLA at 14:15| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

スバルのハイブリッド車「XV クロストレック ハイブリッド」

スバル自動車はスバル初のハイブリッド車「XV クロストレック ハイブリッド」を米国ニューヨークにて開催される2013年ニューヨーク国際自動車ショー(3月27日〜28日プレスデー、3月29日〜4月7日一般公開)に、世界初公開するとリリースしました。

詳しい内容はまだ分かりませんが、インプレッサ XVには設定のないライムグリーンのボディーカラーや、ハイブリッド専用と見られるホイール、メッキ加飾付きのアウタードアハンドル、クリアテールレンズ、ボディーサイドのハイブリッドバッヂなどがそのモデルの特徴となっているようです。

今、スバルのRV車はその性能とデザインから、多くの支持を得ています。
スタイリッシュなデザインはとてもカッコイイですよね。
それからCMもインパクトがあり、乗ってみたい気にないますね。
このXVは特に注目の1台です。

残念ながらこのモデルは米国仕様モデルとなっており、日本発売は未定のようです。
アメリカに次いで、国内販売が待たれるところですね。

スバルの公式ホームページはこちら
posted by GOLLA at 09:37| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

次に買いたいクルマの第1位はトヨタアクア!

クルマポータルサイト「Goo net」を運営する株式会社プロトコーポレーションは2012年12月に実施した「自動車に関する総合アンケート」の結果を「プロト カーユーザー レポート 2013」として発表しました。

その中で、次に買いたいクルマの車種別でベスト3は、トヨタ「アクア」が1位にとなり、2位にトヨタ「プリウス」、3位スズキ「ワゴンR」となりました。
他ベスト10は以下の通りです。
4位 ダイハツ「ムーヴ」
5位 トヨタ「プリウスα」
6位 ホンダ「N BOX」
7位 日産「セレナ」
7位 ホンダ「フィット」(同ポイント)
9位 トヨタ「プリウスPHV」
9位 ダイハツ「タント」(同ポイント)

この調査は日本国内に在住する18才以上の男女個人の自動車ユーザー(新車ユーザー2800サンプル/中古車ユーザー2800サンプル)を対象に、現保有車の実態や自動車購入時の意識などをインターネットによる調査で実施したものです。

次に買いたいクルマのベスト10でも分かる様に、次回購入を予定している車の中で、プラグイン電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)を購入すると答えた人の割合が36.1%。軽自動車を購入したいという人の割合が28.1とエコカー購入への意識が高まっています。
これに第3のエコカーを足すとさらに比率が上がるのは間違いないようですね。
その根底にあるものが、今後の景気に対する不安定さから、より低燃費のクルマを要求する傾向が高まっているようです。

また、今後主流になると思われるクルマの原動タイプでは「3年後にハイブリッド車が主流になる」と答えた人の割合が24.3%と予想しています。
気になるEVはというと、21.3%の人の割合が「10年後に主流になる」と答えたそうです。
販売価格と、充電ステーション、1回の充電による走行距離など、超えなければならない課題はありますが、EVカーも主流の一つになるのは間違いないようです。前述の課題をクリアすれば一気に需要が高まる期待も秘めています。

このように、エコカーの需要は、今後ますます高まっていくことに疑いの余地はなく、時代の流れとともに全盛を迎えそうですね。

楽天会員なら要チェック!

中古車:楽天オート
愛車を最高額で買取してもらうには?
1.車両の種類をお選びください。
国産輸入
2.お住まいの郵便番号を入力してください。
-
3.車両の排気量を入力してください。
cc
4.楽天会員・非会員をお選びください。
楽天会員楽天非会員楽天会員特典
posted by GOLLA at 09:17| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。